ある程度ワンサイドラブに疲れたとき りこの結婚までの道のり

ある程度ワンサイドラブに疲れたとき

こっそり至福な妄想とかしちゃいそう(^^;)言い争いしてはじめて見えてくる相手の魅力や本当のパーソナリティにべたぼれしたり逆に気落ちしたりですよね。
しかし依然として恋の古傷があって躊躇しちゃうんだよね。可能なら肩幅があるひとで器の大きいひとがあたしにはピッタリだなあ。理想論過ぎ??
遂次電撃婚していく級友も出てきて複雑な内心なんかな。次好機があったときには思い切ってマジで逆玉に乗ってみようかとも考える
遅くても2年後には間違いなく結婚して幸運になってやるわよー。是非結婚活動 がうまくいく見込みをいつでも信じていたいよ。
年齢を考えたらワタシの結婚には両親は安堵しているんだけどね。まあ、何といっても適齢期を逃して晩婚を目指すもの厳しいような気がするわね。喧嘩で別れた彼とよりを戻すなんてこともなにげに考えると問題ないと思えるね。あたしだって色っぽさがあるうちは使用すれば大丈夫よね。
だけど、どうせなら頭のいい男の人とおつきあいしたいですね。ま、少しずつ前進していけばいいさ。急にがんばっても疲れるだけね。
ワタシが意気消沈するのは見た目が清潔なでもつまらない男の人だね。私的にはずっと年上のひとでも結婚意識があるなら全然OK。

カテゴリー:結婚

イチオシLink集