草食男子が大好き りこの結婚までの道のり

草食男子が大好き

だけどわりにあたしって上手にやっているほうだよね。来週の火曜日は学生時代の知り合いで集まるから、いい人いたら紹介してもらおう、っと。
時折わたしって、浪費癖のある女の人かも、と思うと気落ちするなあ。今晩はヒマだからどこ行こうかな?
ラブロマンスの哲学というかな、人それぞれ様々な見解があるね。一番艶っぽさが出る身なり買いたいけど大胆すぎるのも駄目よね。
両想いで日常的に一心同体な関係がハッピーなんかなー。ファッションのセンス抜群でも面白くない男の子だと空回りトークしそうで心配。
それはそうと料理の腕を上げたら男性はそういう家庭的なフェミニズムにドキドキかも。可能なら趣味を共有しあえると密接になれるね。交際も長続きするだろうし。
人それぞれ最適な人間関係は違うものだよね。分かるよ。できれば結婚相手紹介サービスは活用したくないし、あと6ヶ月くらいは頑張るかな!
ていうか、一生独り者と比べたら、例えば社内恋愛も全然大丈夫よねー?べた惚れな関係を保持するつぼはなんなのかなー?
わたしも適齢期なんだから、チャンスを逃すのは敬遠するべきだから、挑戦するしかないな。それから血液型判断の占いは当たらないなあと複雑な気持ちです。あてもないのにケータイ電話をきっちりチェックする癖はなんとかならないかな。ひまだからいいか。とはいっても無駄なお付き合いだけはイヤだ。
しかし幸福なのが最もですね。草食男子には肉食女子でも全然OKさ。と開き直るワタシ。
選択に吟味を重ねているうちに好みなオトコはとられていくのよねぇ。あたしだってセクシーさがあるうちは利用すればオーケーよね。
次の合コンは思いっきりかわいい身なりで行きたいから前もって用意しておこう。間違いなく異性を尊重することができるくらいの器の大きさが必須なんだなぁとつくづく思う。

カテゴリー:結婚

イチオシLink集