意気地なしはモテる りこの結婚までの道のり

意気地なしはモテる

友人に伝授されたテレフォンレディー攻略方法は地元トークをする手法です。テレフォンレディの場合、適当なエリアと繋いでいる運営者が多いので、それで分るそうです。めったにみないケースですが、ローカルトークをしたら、憧れの級友に遭遇WWW まさかの同窓会で最後までイッちゃいました( ´∀`)!!
真剣な話ではありませんが、先輩が提唱した地方キャバの法則は、地方ほどイイ子が多いという法則です。これって、テレフォンクラブでも当てはまるとわたしは考えます。これまでの2ショットダイヤル体験上、週末はライバルが多い分つながっても待ち合わせまで辿りつきづらいですが、それに対してコールが多いので、結局会う確率は高くなっているような印象です。
初めてテレフォンクラブで遊ぶときは必ずラッキーナンバーをメモしておくと良いです。登録時に雑誌コードを入力するだけで無料ポイントが付加されるからです。テレフォンクラブは、90年代に最盛期を迎え新宿などではどこでも宣伝が鳴り響いていました。かなり耳に残る文句だった記憶があります。レアなケースですが、中には援助交際目的のギャルもいます。そこでどう判断するかは、アナタ次第ですがリスクを冒すことは自覚しましょう。

ツーショットで遊んでいる場合、男性も女性もお互い時間があることは確定だから、即えっちにつながる可能性が高いですね。メールだと時間がなくても1通は送れてしまいますね。店舗が熱かった時代、C県のC市にコールする噂の常連のヤリマンがいて、コールがつながった人はほぼ即エッチができたそうです。同じような話は他の店舗でもあったのでは?
無難でスベることないのは、駅トークです。地味かもしれませんが、大概の人に共通するネタなので、親密度を増すにはすごく効き目アリです。
いやらしい話をしていればオンナの子を脱がしたくなるものですが、脱がすことに拘ると突然相手が電話を切る可能性もあるので、ノリを察知して脱がすようにしましょう。


カテゴリー:会話のコツ

イチオシLink集