さびしいときこそ恋人が欲しい りこの結婚までの道のり

さびしいときこそ恋人が欲しい

また飲み会行きたい、マジで(^^ヾ)。それはそうと、下ネタ好きな親友によると、男ごころは性的魅力で変えられるという単純なものだそうだね。
結婚活動 の手法はいろいろあるけど、イザとなったら結婚相手紹介サービスもOKよね。次第に面白い肩幅がある私好みの男の子とは出会えなくなっていくんだろうなあ。人恋しいよ。
それから、恋に歳は関係ないと言うけれど、年齢があまりに合わないアベックは駄目でしょ。自分が「独り者」という実態は別の視点から見ると安心できるものかも、とたまに思ったりもします。
やっぱり外貌は服装や化粧でどうにかなるけど、パーソナリティを磨くのは結構みんな困ったことなんだよ。婚活ではちょっとおつきあいがウマくいっても突然別れを迎えやすいからなやみだよね。
目標を高く持ちすぎるとラブロマンスが億劫になってしまうから柔軟に対応したいね。東京に引っ越した仲間はもうカレから部屋の合鍵をもらったそうだから、まさに一緒な関係なんだねー。
いくら高収入の男性でも経済力は魅力として重要よね。ていうか、今日は凄く疲れたー。単身じゃなかったらなぁ。
ちなみに、婚活に関しては暇を作らないというのは鉄則なのよ。愛嬌は女の子には必須だけど色気だけで男を釣るのもどうかと思うわ。私は無理ね。あたしにHAPPYが訪れるきっかけはいつなのかなぁ。
機会を掴んだら、あとは気負いしかないよ・・・。ファッションも化粧もばっちりキメて行った飲み会に限って、目標のオトコがいないなんてことも。確かにね。
それにしても独り暮らしの気楽さも楽しみの一つだよね。わかるよ。それはそうと、経済力のあるオトコは素直な女子がタイプですね。

カテゴリー:結婚

イチオシLink集