再発見!ハッキリ話す必要はない りこの結婚までの道のり

再発見!ハッキリ話す必要はない

電話でセックスのお相手を求めるからといって、テレクラで探さないといけないわけではありません。ワタシは直アド系やSNSで見つけたこともあります。そういうパターンでは、経済的にサイコーです。
テレクラは、90年代に花開き新宿・渋谷などではどこでも宣伝の歌が聞こえてきました。浮かれた時代のシンボルでした。
エンコーの相場は、およそ2から3万円と言われています。これにホテル代がかかり、しかもリスクがあることを考えると風俗にいく方がベターです。


エリアが異なると、電話番号も変わってくるので、岩手など広いエリアの方は間違えないように気をつけましょう。間違えると、せっかくのTELが無駄になってしまいます。残念ですが、ごく一部で恐喝の被害に遭う方はいます。あまりにも会話がトントン拍子で進むようならちょっと落ち着いて矛盾点がないか考えて見ましょう。サクラの俗語で、トラシスと呼ぶことがあります。これは、フーテンの寅さんのシスター、つまり妹であるサクラを指しています。なんかトラシスってカッコイイ感じですね(笑)
テレクラで煩わしい点は、案内を聞くことです。わたしは、メインの番組の流れを記憶しているので、どんどん進めますが、初心者はサービスポイントのうちに覚えておけたら最高です。
変な話ですが、相手の思惑を引き出すポイントは、自分自身の目標を伝えることです。これが最高のやり方だと、私の経験から出た答えですが確信しています。いやらしい声の代表格といえば、クリスペプラーさんの名前があがりますね。もし、その声でコールされたら、正直言ってどんなギャルもメロメロになるのでは?



カテゴリー:飛燕について

イチオシLink集