純情なラブと婚活 りこの結婚までの道のり

純情なラブと婚活

ややオタクっぽいわたしでもパーソナリティは多少チャームポイントになると思うんだ。たぶんね。恋愛は年格好に関係なく楽しみたいね。
最近は確かに純情な恋愛観を持った人は少ないけど、たいていは気にしないよねぇ。まあちょっと違和感があっても生活スタイルが合うというのがベターよね。
言い争いしてはじめて見えてくる相手の魅力や本当の人柄にべたぼれしたり逆に失望したりでしょうね。いつも男ごころを理解することができる心広い妻になりたいものよね。
えーっと、一生独り身と比べたら、例えていえば社内恋愛も全然OKよねー?つぎのコンパは思いっきりかわいい服装で行きたいから前から用意しておこう。
もうクリスマスかぁ・・・。ひまだなあ。ワタシと同世代の女の子の実態はどうなんだろ!?たいていの場合、好きなメンズは仕事ふができる人で聞き上手な人かな。ていうか、贅沢?根本的に男子はオンナの何かに真剣に取り組むときの真顔を見てほれ込むらしいね。
おととい偶然知り合ったサラリーマン風の人にはある程度片恋のときの感情に近いものを感じたな(^^ヾ)。うんうん、大好きな男の子には好感が態度に出るよね。えーっと、弁護士みたいなオトコ達と合コンしたいなー。経済力は大事ね。

カテゴリー:恋愛

イチオシLink集