同じ価値観の男の人も魅力 りこの結婚までの道のり

同じ価値観の男の人も魅力

ラブロマンスといってもやっぱり楽しい会話のできる関係でないと飽きるものですね。最初はアドレス交換でも結構勇気のいることね、ホントに。
恋愛も仕事も趣味も、楽チンにこなせるあたしでありたい、なんちゃって・・・♪。うんうん、手軽なのは社内恋愛かマッチングサービスだなあ。でも冒険もしてみたい気もする。
女の人としてはセクシーさがあるほうが利点があるわけだし。やや太めのあたしでもパーソナリティは多少アピールポイントになると思うんだ。たぶんね。
あ。そうそう、男のタイプなデートスポットって、どこだろう??心を伝えるのはホントに難しいことだとつくづく思う。
両親はワタシの花嫁衣裳が早く見たいってケータイ電話かけてきたからなぁ。ファッションのセンス抜群でも浪費癖のある男子だと空回りトークしそうで辛い。
時にはわたしって、自分勝手な女性かも、と思うと気落ちするなあ。話は変わるけどあたしには晩婚というのはちょっとダメなんだよね。結婚適齢期のうちが有利ね。男女関係には友情?が根本的に無いと思うから、想定外なことで破局になったりするものだよ。
エステでも行って大人のチャームポイント倍増を、と思ったんだけどこの頃はお金が・・・(--;)。ちかごろは確かにプラトニックな恋愛観を持った人は少ないけど、たいていの場合気にしないよねぇ。
選定に厳選を重ねているうちにタイプなオトコはとられていくのよねぇ。世の中には不潔な女性が好みなメンズもいるから、男性心理は読めないわ。
前付き合っていた人とは8ヶ月も連絡取らなかったときもあったから、ドキドキな関係を維持するにはもっと一心同体でいるほうがいいと思うよ。

カテゴリー:日記

イチオシLink集